2012年12月1日(土)第113回東京佼成ウインドウオーケストラ定期演奏会


第113回東京佼成ウインドウオーケストラ定期演奏会

http://www.tkwo.jp/2012/04/113.shtml
2012年12月1日(土)
東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル
開場16:15 開演17:00
指揮:飯森範親

若きマエストロ・飯森範親と東京佼成ウインドオーケストラとの初顔合わせがついに実現!飯森得意のストラヴィンスキー、吹奏楽コンクールで取り上げられる機会の多いレスピーギなど聴き応えのある作品のオンパレード。さらに作家・五木寛之が絶賛してやまない奇跡の天才作曲家・佐村河内守の委嘱作品など飯森とのコラボレーションへの期待は尽きません。

曲目
吹奏楽のための民話/J.A. コーディル
吹奏楽のための第2組曲/G. ホルスト
バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)/I. ストラヴィンスキー/R. アールズ編
祈り/佐村河内守 ※東京佼成ウインドオーケストラ委嘱作品 世界初演
バレエ音楽「シバの女王ベルキス」/O. レスピーギ/木村吉宏編

飯森 範親 Norichika Iimori

桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリンとミュンヘンで研鑽を積み、94年から東京交響楽団の専属指揮者、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者、大阪・オペラハウス管弦楽団常任指揮者、広島交響楽団正指揮者などを歴任。96年、東京交響楽団のヨーロッパツアーでは「今後、イイモリの名が世界で注目されるであろう」と絶賛された。03年、NHK交響楽団定期演奏会にマーラーの交響曲第1番でデビューを飾る。06年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞、06年度中島健蔵音楽賞を受賞。
海外ではフランクフルト放響、ケルン放響、チェコフィル、プラハ響などに客演を重ねる。01年よりドイツ・ヴュルテンベルク・フィルの音楽総監督に就任し、ベートーヴェンの交響曲全集を録音。日本ツアーも成功に導いた。
現在、東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。07年から山形交響楽団の音楽監督に就任、次々と新機軸を打ち出してオーケストラの活動発展と水準の向上に目覚しい成果を挙げたことで、2010年のビジネス・イノベーション・アワード大賞、2011年齋藤茂吉文化賞を受賞。近年は音楽家としての活動のみならず、こうしたアートマネジメント分野でもその才能を発揮、日本経営士会名誉会員として活躍の場を広げ、上海師範大学の客員教授にも就任。

カテゴリー: schedule パーマリンク